株式会社 安芸大谷製作所
本文へジャンプ

会社概要

社名 株式会社 安芸大谷製作所
所在地 〒739-1201 広島県安芸高田市向原町坂360番地
TEL 0826-46-3388
FAX 0826-46-3840
E-mail soumu@akiotani.jp
設立 2000年12月1日
操業開始 2001年4月1日
資本金 2,500万円
代表者 代表取締役 大谷 徹
従業員 80名
営業品目 自動車用部品(キャタリティックコンバータ・ASSY)
主な販売先 東京濾器(株)

沿革

2000年12月 東京濾器(株)から製造委託を受け、新会社「(株)東京濾器大谷製作所」を設立
2001年 4月 キャタリティックコンバータASSY他、生産を開始
2001年10月 生産管理電算P/Bシステム導入実施
  触媒製造を東濾触媒株式会社に移管
  触媒ASSYの仕入先を東濾触媒株式会社管轄に変更
11月 プレス金型を仕入先から社内に移管実施
2002年 1月 触媒部品を無償支給から有償自給に変更
7月 コマツ300tトランスファープレスを購入し仕入先に貸与
2003年 2月 キャニスター製品を仕入先に移管
4月 第1号チューブ&シュリンク新キャニング工法設備導入生産開始Sライン
  株式会社ユニキャットと取引開始(レトロ向けキャタリティックコンバータASSY)
7月 第2号チューブ&シュリンク新キャニング工法設備導入生産開始Tライン
12月 第3号チューブ&シュリンク新キャニング工法設備導入生産開始Uライン
2004年 6月 試作チューブ&シュリンク設備導入
2005年 1月 第4号チューブ&シュリンク新キャニング工法設備導入生産開始Vライン
  ケース先端加工シュリンク工法導入
3月 TIGフィラー溶接、MIG溶接8軸制御溶接装置導入生産開始Oライン
8月 DPF搭載キャタリティックコンバータ生産開始Pライン
2006年 3月 品質管理システム国際規格ISO-9001認証取得
6月 第5号チューブ&シュリンク新キャニング工法設備導入生産開始Wライン
2007年 10月 DPF搭載キャタリティックコンバータ溶接Assy生産開始Mライン
2008年 1月 スピニング形状キャタリティックコンバータ生産累積500万個達成
2月 触媒部品を有償自給から無償支給に変更
5月 インターラムマット自動巻き機、スピニングケース両端カット専用機をスピニングWラインに導入
2009年 2月 第6号チューブ&シュリンク新キャニング工法設備導入生産開始Xライン
6月 SCR搭載キャタリティックコンバータ溶接Assy生産開始Qライン
2010年 2月 第7号チューブ&シュリンク新キャニング工法設備導入生産開始Yライン
2012年 10月 ヤンマーDPFマフラー生産開始
2015年 1月 社名を「株式会社 安芸大谷製作所」に改称